【まとめ】ステップボーンカットアカデミー基礎からマスターを終えて

小顔補正立体カット

名古屋の天白区で美容師をさせていただいている寺島です!

ステップボーンカットってなんだろう?
ということでこの記事までたどり着いた方が多いですよね

ステップボーンカット(STEP BONE CUT)とは、日本のヘアメイクアーティスト牛尾早百合の発案によるヘアカット技法。別名「小顔補正立体カット」。
2013年に日本で特許を取得及び商標登録されている。
アメリカでは「アニメカット」と呼ばれている従来のヘアカットに比較し、再現性が高く施術時間が短い、髪に優しい、東洋人特有の骨格に向いているなどの特徴を持つウィキペディアより引用

ステップボーンカットを取得するまでの経緯を説明させていただきます

基礎コースからマスターコースまでの道のりを見ていただきます

最後まで見ていただくとステップボーンカットがどんなものかわかっていただけると思います



ステップボーンカットアカデミー

ステップボーンカットマスターについてはこちら↑

小顔補正立体カットとの出会いはリズムコーポレーションさんからいただいた小顔補正立体カットの案内からでした。
小顔補正立体カットの案内を見たときは

寺島洋輔
今まで行ってきた講習会とは桁違いの値段!お金が高い講習だな

くらいにしか考えていなかったです。

今では値段は更に上がっております

とりあえず小顔補正立体カットについてネットで調べてみようと検索すると小顔補正立体カットで切ったショートボブのスタイルがでてきて、「柔らかいスタイルに切れるんだ。」と思い少し興味が湧きました。

毎日に追われてなんか熱中できることはないかな?

美容師は勉強やめたら終わりだな…

とこの時期は色々考えている時期でした。

ただ、そこですぐに申し込み!
とはいかなかったので【小顔補正立体カット体感1dayセミナー】というものがありそれは実際に小顔補正立体カットを目の前で観れるとのこと

とりあえず申し込み「ちょっと見てみるか。」くらいの気持ちで申し込みました。

小顔補正立体カット体感1dayセミナー

そこから数日経ち2016年の2月29日に1dayで小顔補正立体カットを近くで見たときは衝撃でした。

  • スキバサミを使わないで軽い質感
  • カットの時間が早い
  • モデルさんがかなり小顔になった

そこで一気にこの小顔補正立体カットを習ってお客様に更に素敵になっていただきたい!と思い即申し込みをしました。



小顔補正立体カット基礎コース。

で初日に刈谷のリズムコーポレーションに行った時はもちろん知らない方ばかりで、緊張しながら席に座ってひっそりしていた覚えがあります。

小顔補正立体カット基礎コースは3回のコースです

そこで昼ごはん休憩の時に話かけていただいたことで仲良くさせていただけたかなと感じます。

寺島洋輔
その時に話しかけていただいた方々本当にありがとうございました。

基礎コースの内容

この基礎コースではまずハサミの持ち方、素振り小顔補正立体カットに使わせていただくプットオンマジックの使い方などを勉強します。

財田講師による説明です。

展示カットの様子です。

この基礎コースでは受講生の方々がまだハサミを持ったことない方からオーナークラスの方などレベルが高い方ばかりでとてもためになる話が沢山聞けました。

なかなか普段他の美容師さんの話をゆっくり聞く機会があまりないので聞けてよかったです。

寺島洋輔
美容師って意外にもあまりコミュニケーション得意じゃない方が多いイメージ

小顔補正立体カットは初日と最終日に勉強会の後に懇親会があります。

はじめは行ってもアウェイな感じだとツライ…

と思ってましたがせっかくの講習に来たんだから殻を破ろうと参加することに。

そうしたらSNSで顔を拝見していた方が隣になりとても気さくに小顔補正立体カットについて話をしていただけたのを今でも覚えてます。


懇親会は楽しいので参加できるならした方がいいですよ



基礎コースの最終日に財田講師にデモカットしてもらいました。

カットしてもらっている時はどんな感じなんだろう?と気になっていたので切ってもらえました

小顔補正立体カットがはじまると痛くなく滑らかでとても柔らかくカットしてもらいました。

寺島洋輔
毛量も多く硬く太い厄介な髪質を切っていただいてありがとうございました!

ここで【小顔補正立体カット】の称号をいただきました。



小顔補正立体カットテクニックコース。

刈谷のリズムコーポレーションに着くとお久しぶりな方もいてホッとひと安心。

初日に財田講師によるデモカットを見させていただきました。

before

デモカット

たっぷりプットオンマジックをふります。
このプットオンマジックをふらないと髪が柔らかくならないのでスウィングしないのでたっぷり髪に含ませます。

襟足もスッキリと

サイドも柔らかく

ここからカラーにうつります。

カラーもプットオンマジックを使ってダメージをできるだけしないようにカラーしていきます。

ウィービングをいれて立体的に。

流してパーマをかけます。

寺島洋輔
【3分パーマ】といって薬剤が髪に与える負担を最小限にするパーマです。

髪に薬がつくのを少しでも短くすることにより髪の負担を軽くするパーマになります。

かなりスッキリです

after

毛先が柔らかく動くのが小顔補正立体カットの特徴です。

そして今回練習するスタイルです。
【前下がりボブ】です。

ここから財田講師の展示カットです。

テクニックコースになると基礎コースでは使えなかった技術などが使えるようになり、小顔補正立体カットの表現の幅が広がります。

展示カットが終わってみんなで記念撮影。

コースの1日目にはいつもの懇親会があります。

ここで普段聞けない小顔補正立体カットを使ったサロンワークの話を聞けたりどんな練習していけばいいかなど為になる話が沢山聞けました。

次のスタイルへ

第2回目のスタイル

【Aラインレイヤー】というスタイルです。

前髪が特徴的なスタイルですがスキバサミを使っていないのにふんわり柔らかなスタイルになります。

財田講師によるデモカット。

そしてこの日はこのまま次のスタイルに進みます。
基礎コースの時はスタイルは2つでその2つを徹底的に練習!

という感じでしたがテクニックコースに進むとスタイルが1つ増え3スタイルになるので難易度高いなーと感じました。

【ショートマッシュ】です。
可愛らしく後頭部がふわっとなるスタイルです。

財田講師によるデモカットです。

ここでスタイルが終わり3日目になります。

受講生のデモカット

before

ここからスッキリと

みんながカットに釘付けです。

乾かして

スタイリングです。

髪の毛をここで触らせてもらうとプットオンマジックの効果でかなり髪の毛が柔らかくツヤツヤでした

after

素敵ですね!

ふわっとした毛先の動きが特徴的ですね。

みんなが真剣に取り組んでいます。
小顔補正立体カットは姿勢もポイントがあります。

姿勢ができてないと毛先が柔らかく動かないですよ

ディプロマという合格証書をもらって財田講師と記念撮影。

最後はみんなで記念撮影。

最終日の懇親会

疲れが少々顔にでてしまっています。
寝不足や慣れない学科の勉強に悪戦苦闘でした。

テクニックコース終了です。



マスターコーススタート初日。

初日の様子↑

そして、初日に

財田講師に注文していた新しいステップボーンカット用のシザーケースが届きもらいました。

ずっと使っていたシザーケースが壊れてしまっていてテクニックコースの時に財田講師が使っていたのがすごくかっこよく聞いてみると手に入るとのことで注文してもらえました。

シンプルですがイタリアンレザーで使えば使うほど馴染んでとても気に入っております。

マスターコース2日目。

2日目の様子はこちら↑

2日目もスタイル2つ練習して頭がパニック状態でした。

テクニックコースもスタイルが増え大変でしたが、マスターコースになるともっと深いところまで勉強するのでかなり複雑になりました。

ついていくのが必死でした。

ステップボーンカット3日目。

3日目の様子はこちら↑

3日目は今まで切ったスタイルを受講生同士で切りながらフォームや改善点を教えあうという作業をしました。

ステップボーンカット認定をいただくと社内の講師になる資格ももらえるのでここで自分がちゃんと理解して教えるということを学びました。

どこが違うかを教え、どこを改善すれば切れるようになるかというところまで言ってはじめて教えるということになります。

ステップボーンカット4日目。

ステップボーンカット4日目の様子はこちら↑

ステップボーンカットのデモカットを見せていただきました。

そして、ステップボーンカット認定サロンになりました。

その様子はこちら↑

どのコースも学科のテストもあり、70点以上とらないと合格できないことになっております。

学生時代ぶりの勉強にどう勉強していいかわからなかったのでひたすら書いて覚えたりノートを買ってページを切っていろんなところに貼ったりして常に見るようにして覚えました。

なかなか覚えたりしにくくなってきますね。



【まとめ】

基礎コースからテクニックコースそしてマスターコースまで1年以上かかりやっとディプロマをいただき【小顔補正立体カット】から【ステップボーンカット】になりました。

本当に目標にしていたので嬉しい反面名前負けしないようにディプロマをいただき終わって更に練習を重ねている最中です。

【ステップボーンカット】という称号をいただき思ったのはディプロマいただいてステップボーンカットを名乗れるようになりここからやっとスタートラインにたてたのかなと思える講習でした。

技術は講習を受けて終わりそれだけで上手くなるのではなく、講習終わって練習を積み重ね自分のモノにしていくんだと思います。

実際に基礎コースのみのスタイルだけではお客様にさせていただけるにも限度があります

そして、基礎コースからマスターコースに行くまでに今まで出会ったことのなかったような美容師さんと交流ができて志の高い方と出会え仲間になれたことがこの講習に参加できてよかったと本当に思えました。

ステップボーンカットになってからまだ日が浅いですが日々の練習は継続中でこれからもステップボーンカットを更に進化させていきたいと思います。

長く読んでいただきありがとうございました。

【追記】

ステップボーンカットを3年続けてみて

2016.4からはじめて早3年…

基礎コースからのスタイルでは流石にさせていただけるお客様は限られてしまい日々試行錯誤の日々でした

基礎コースが終わった時点でテクニックコースを受けようとは決めていました!

寺島洋輔
小顔補正立体カットやりませんか?!

とお客様におすすめさせていただくのが日課になりお客様から嬉しい感想も聞けました

お客様
今までのカットとはなにか違う!?

逆に
あまり変わらない…前のカットでいいや[/speech_bubble

と言う方もいました

僕も全ての方が当てはまるカット=ステップボーンカットではないと思っていたので仕方がないかと思いました

基礎コース受けるだけでは正直かなりスタイルが限定してしまうのでお客様にあわせたスタイルが作りにくいです

そしてテクニックコースが終わり提案させていただけるスタイルが増えて楽しくなりました

このテクニックコースが合格したことで自信がついて確実にレベルアップした気がしました

そして、マスターコースはかなり難関ですが受けた方がステップボーンカットが楽しくなります

ここの時点ではじめましてのお客様にステップボーンカットをさせていただく機会が増えます

今までステップボーンカットをされてて転勤などでステップボーンカットができるところを探していた!

というお客様とも巡り会えたりして楽しいですね

ステップボーンカットアカデミーを受けてよかった

ステップボーンカットは最後のアカデミー行くまでにかなり金額が必要なので中途半端にやってしまうとお金がもったいないです

僕はマスターコースまでいけてよかったかと思ってます

もちろん技術だけとりいれるのもアリですが色んな美容師さんと知り合いになって情報交換できたのもかなり自分にとってプラスになったのでよかったです

アドバイスできるなら

中途半端になるなら辞めた方がよくて、やるならとことんやる!

ですね

友だち追加
↑↑↑
お問い合わせやご予約もLINEでお気軽に☆
お手数ですがお名前をフルネームで入力してご相談ください
なるべく早く返信致しますが、接客中の場合ご連絡が遅くなる場合があるのでお急ぎの場合はサロンにお電話ください
鶴舞線塩釜口駅徒歩5分、駐車場完備。
クッカヘアー
kukka hair
寺島洋輔
愛知県名古屋市天白区元八事5-98
0528352035
月曜日、第2、第3火曜日定休日
営業時間AM09:00〜PM08:00
LINEID:@kukkahair